グロービッシュは英語と違います

グロービッシュは英語ではありません。
グロービッシュと呼ばれるツールという形で表現をされています。
簡単な英語を組み合わせた1500語を使ってコミュニケーションを取ることを目的としています。
これが世間で広まればわざわざ難しい英語を使わなくても大丈夫になるのです。
とにかくグロービッシュは相手に簡単な英語を使ってコミュニケーションを取ることができればいいので、発音もそこまで気にしなくても大丈夫です。
互いにグロービッシュを使いこなすことができるようになれば会社でもとても便利なツールになります。
英語を簡易化することができれば英語自体をそもそもあまり勉強しなくてもよくなりますから、時間効率もとても良くなるでしょう。
英語を勉強するにはとても時間がかかりますが、グロービッシュなら抑えることができるのです。
こんな便利に英語を覚えれることができるのならばどんどん英語の価値がなくなりますからぜひ使えるようになりたいところですね。
グロービッシュを使いこなせるようになれば難しかったコミュニケーションも簡単に取れるようになるはずです。
英語の勉強は続けることができなかったとしてもグロービッシュなら1500語で済むわけですからとてもお得な気分にもなることができますね。
今の時代は簡単に省略をすることで効率化を求めなければいけない時代だと思います。
質を落とす訳ではありませんが、最低限のリスクで済むのなら試す他ならないと思いますね。
これから先グロービッシュはどんどん広がる可能性がありますから期待をしても大丈夫だと思います。

HOME